VIO脱毛にチャレンジ

脱毛を考えるパーツとしては、ノースリーブを着立ときに視線が気になる脇や腕、ミニスカートやショートパンツを気兼ねなく着れる脚が人気ですが、近頃では、陰部(いわゆるアンダーヘア)を脱毛する女性もだんだんと増加しています。さらに、後れ毛や産毛の気になりがちなうなじや口の周り、手や足の指毛、クロップドトップスからのぞくおなかや背中など、みなさんがみなさん、同じ部位が気になるわけではないのですし、ありとあらゆるムダ毛を100%処理したいという女性もいます。

脱毛施設もさまざまあり脱毛ができるパーツが限られたり、異なったりするケースがあります。

脱毛サロン、エタラビで、「予約がとりにくい、まだ何回か通わなければいけないのに!」そんなレビューを見かけたことがありますが、派手なTVCMや雑誌広告など、顧客にメリットのないところには費用をかけていないため、ユーザーとしては比較的安い価格で脱毛の効果が得られるというメリットを指摘する声もあります。しつこい勧誘にあっ立という店舗の話も聴きますが、そのほかにも電話やスタッフの応対に残念な印象を持っている人もいるようです。しかし、施術を受ける店舗の高級感のある内装に魅力を感じたり、雰囲気に癒されている人は多いようで、それでいて全身脱毛にかかるコスト(あまりにも切り詰めると、品質が落ちてしまう可能性もあります)そのものは低く抑えられていますから、マイナス面はあまり気にならないと、むしろプラス面を評価するむきも多いです。

家で除毛すれば、ご自身の都合に合った時間に除毛できるので楽です。

カミソリを利用しての自己処理があたりまえですが、肌にダメージを与えることなく楽ちんに無駄毛処理を済ませられる新しい手段として脱毛剤の使用があります。脱毛の技も進化しており、多種多彩な脱毛剤が販売されていて、毛の根本から抜いたり、毛を溶かすことできれいにするものがあります。センスエピ(SensEpil)はイスラエルで開発されたフラッシュタイプの家庭用脱毛器です。

Iライン脱毛

光脱毛器のカートリッジは消耗品ですが、センスエピなら交換不要で5万回使用できるため、トータルコスト(あまりにも切り詰めると、品質が落ちてしまう可能性もあります)がわかりやすいという評価もあります。
気になる出力調整は、5段階。

そのときのお肌や体調にあわせて無理なく使用でき、顔から首筋、うなじまで、微妙に肌の濃淡が違うところも最適かつ安全に脱毛できます。

シリーズ中もっともコンパクトなセンスエピGのクチコミを見ると、本体のサイズ・軽さ・スイッチの位置などは使いやすく、丸みを帯びた形状でホールドしやすいため、疲れずに自分のペースにあわせて脱毛できると評判ですが、指、口元といった部位への照射がしやすい反面、照射範囲が小さいので、大きなヘッドで短時間で処理するような商品と比べるとあきらかに、広い面積のムダ毛の処理は不得意のようです。

時間をかければできますが、こうした製品なのだという割り切りは必要でしょう。

比較してみると、医療脱毛の方が脱毛サロンやエステ(このように略すのは、日本だけなんだとか。

たかの友梨ビューティクリニック、ミス・パリ、エルセーヌなどが大手として有名ですね)での脱毛よりも痛いと有名で不安を感じますが、照射するレーザーの種類により少しは痛みを軽減できます。そのため、痛みに弱い人でも、レーザーの種類を調整してくれる脱毛クリニックに一度お試しで行ってみるといいでしょう。
冷やしながらレーザーを当てると、肌への刺激が少なく感じます。